Верный

Last-modified: Sat, 29 Mar 2014 21:35:28 JST (1694d)
No147.jpg

&autolink(id=wikibody)


CV Edit


洲崎綾


史実情報 Edit


Hibiki.jpg

舞鶴工作部で1930年2月21日起工され、1933年3月31日竣工。

1934年11月から姉妹艦である「?」「?」「?」と共に第6駆逐隊を編成した。1940年11月には第1艦隊第1水雷戦隊に編入され太平洋戦争を迎える。
1941年12月からカムラン湾方面哨戒、リンガエン湾上陸作戦支援に従事。1942年2月からはジャワ作戦船団護衛、バタビヤ沖海戦、比島攻略作戦に参加。
5月に北方部隊所属となったが、キスカ島占領作戦中の6月12日キスカ湾において米海軍機PBYカタリナ飛行艇から至近弾を受け、艦首がもぎとられてしまう。
前部主砲周辺まで浸水し、あわや沈没かと思われたが3時間あまりの応急修理の末に浸水をとめる事に成功。&bold(){響の不死鳥伝説はここから始まる。}
僚艦「?」の護衛を受けながら後進で退避し、6月27日には大湊に帰投した。その後大湊、横須賀において10月まで修理を受けることとなる。
11月には空母「大鷹」を護衛し、横須賀からトラック泊地間を往復した。縁があったのか1943年2月にも再び「大鷹」を護衛し横須賀・トラック間を往復している。
4月に第1艦隊第11水雷戦隊に編入、内海西部で訓練に従事し、5月に再び北方部隊に加わり千島方面の対潜掃蕩に従事した。7月、第1次、第2次キスカ島撤退作戦に参加。
8月には、上海・ラバウル間のT2号輸送作戦に参加。
12月には陸軍部隊をトラックからクサイ島まで輸送。12月20日には連合艦隊付属となり、さらに空母「飛鷹?」「龍鳳」を呉まで護衛した。

1944年1月から3月まで空母「海鷹」「千代田?」などの護衛にあたった。その後呉に入港し修理を受け、5月3日に呉を出港しマニラまで船団護衛に従事。
5月10日には第1機動艦隊補給部隊に編入された。
5月14日、姉妹艦「?」と共に補給船団の護衛に就く。その際、「?」が米軍潜水艦により撃沈されたため「響」は生存者の救助を行った。
&bold(){『響の救助活動も見るのです!』}しかし、残念ながら艦長以下169名もの死者が出てしまった。ダスビダーニャ。
これは輸送船を狙ったものの狙いが外れ、「?」に当たったものだとされている。
?」と持ち場を交代して僅か30分後の悲劇であり、「?」が「響」の身代わりになった形であった。
こうして響は目の前で「?」を失い、1943年のソロモン海海戦で「?」を、1944年4月に「?」を失っていた第六駆逐隊はついに「響」一隻を残すのみとなってしまう。
6月にはマリアナ沖海戦に参加。速吸船団を護衛し、対空戦闘で4名が戦死、6名が重傷を負った。
7月17日には呉に入港。8月から内地・台湾間の船団護衛に従事し、9月6日に高雄市からマニラへの船団護衛任務についた。
出港直後、「響」の隣を航行していた輸送船「永治丸」が撃沈され、救助作業にあたる。その作業中、米潜の雷撃を受け前部士官室より前がちぎれかけた。
しかし響は沈まない。&bold(){不死鳥の名は伊達じゃない。}
戦死者は10名でたが修繕は可能。艦首をいたわりながら後進で曳航されつつ帰還し、馬公で応急修理が行わて基隆に回航されたが、ここで天候不順により乗員に赤痢患者が発生してしまう。
そのような状況だった「響」だが、それでも護国丸の護衛を担当。11月7日に相前後して日本本土に向かうことになった。
しかしながら「響」艦内で赤痢がいっそう蔓延。一刻も早く佐世保に急がなければならなくなり、ここで「響」は「護国丸」と別れることとなる。
無事佐世保には到着したが護衛するはずだった「護国丸」は単独行動となり、米潜水艦の雷撃で沈没している。ダスビダーニャ。
その後「響」は横須賀で修理を実施する。「響」は第二艦隊に所属していたが、この損傷によりレイテ沖海戦に参加できなかった。
&bold(){『不死鳥の秘密は修理のタイミングにもあるんだよ。』}

1945年1月25日に第二艦隊第二水雷戦隊第七駆逐隊に編入。
3月29日には戦艦「大和」の沖縄水上特攻作戦に従事すべく呉を出港し、艦長から乗組員にも作戦の説明が為された。
しかしながら午前9時、周防灘で触雷して航行不能となり駆逐艦「朝霜」に護衛されて呉に帰投する。
&bold(){だがそこは不死鳥。}夕刻には速力8-9ノット発揮が可能となったため自力で呉に向かい、「朝霜」は「響」の無事を見届けて去った。スパスィーバ。
この後、第二水雷戦隊は菊水作戦に出撃。4月7日の坊ノ岬沖海戦によって「初霜?」、「冬月」、そしてあの「雪風」を残して壊滅している。
途中まで護衛してくれていた「朝霜」も交戦前に機関故障を起こして艦隊から落伍し、米軍機の攻撃で沈没・全員戦死した。
もちろん修理中でなければ響も参加していたはずである。&bold(){『不死鳥の秘密は修理のタイミングにもあるんだよ。』}
修理完成後は5月に舞鶴へ、6月に新潟へ回航されて第七駆逐隊司令艦となる。
7月10日には第1海上護衛艦隊第105戦隊に編入され、日本海での船団護衛に従事。終戦の8月15日にも米軍機との戦闘を行っている。
時間にして1945年8月15日午前7時頃、玉音放送のわずか5時間前に、響はB29へ対して発砲を行った。
この発砲は帝国海軍が行った最後の射撃だとも言われている。

終戦後、武装解除の上で復員輸送に従事し、1947年7月5日、ナホトカ(ソ連側の資料によると大湊)で賠償艦としてソ連に引き渡された。
7月7日にはウラジオストクへ回航され、ソ連海軍太平洋艦隊第5艦隊に編入される。ここから響のロシア生活が始まることとなった。

7月22日には、「響」はヴェールヌイ(Верный)と改称された。本人の申告通り「真実の、信頼できる」といった意味のロシア語の形容詞となっている。
ソ連への引渡し後、再武装を施された他艦から類推するに「響」もソ連製の火砲類で再武装を施されたと見られているが詳細は不明である。

1948年7月5日には第一線を退き、練習艦に種別を変更された。
同時に、艦名もデカブリスト(Декабрист)に改められた。これは、ロシアにおける革命運動の端緒となった12月党の乱の参加者のことである。
本人はВерныйが最後の名と言っているのでおそらくここで艦艇としての船生を終えたと認識しているのだろう。

その後、デカブリストには他の旧日本艦同様に近代化改修計画が持ち上がったものの、政府の方針変更によりこの計画は中止された。
最終的に、1953年2月20日には老朽化を理由に除籍され、1970年代にウラジオストク近郊のカラムジン島沖にてソ連海軍航空隊の訓練標的として撃沈された。
軍機であったためかこの事実はソビエト崩壊まで伏せられ、古い資料では解体されたとの欺瞞報告が為されていた。
近年になってやっとその所在が判明して、現在はダイビングスポットとも紹介されている。

なお、ヴェールヌイという艦名はロシア第5艦隊に所属した30-bis型駆逐艦に受け継がれている。
また、響の艦名を持つ艦艇としては海上自衛隊の音響測定艦「ひびき」が挙げられる。
但しこれは特型駆逐艦の名称を受け継いだというよりは、音響測定という任務からの命名によるところが大きく、また、直接の命名の由来は地名の響灘によるものである(姉妹艦は播磨灘に由来する「はりま」)

艦歴
大日本帝国海軍
起工1930年02月21日於舞鶴海軍工廠
進水1932年06月16日
就役1933年03月31日第六駆逐隊へ編入
1941年12月08日フィリピン攻略作戦に参加
1942年02月28日バタビア沖海戦に参加
1942年06月03日アリューシャン作戦に参加
1942年06月12日キスカ島占領作戦中に被弾し艦首喪失
1942年11月戦列復帰
1943年04月01日内地にて兵学校教務艦として活動
1943年06月29日ケ号作戦(キスカ島撤退作戦)に参加
1943年09月16日第二海上護衛隊として活動
1943年12月21日連合艦隊附属艦となる
1944年05月10日第一機動艦隊補給部隊所属艦となる
1944年05月14日ヒ六一船団護衛作戦に参加。僚艦「電」が沈没し、6駆所属艦は本艦のみとなる
1944年06月19日あ号作戦(マリアナ沖会戦)に参加
1944年06月25日第六駆逐隊が解隊
1944年06月19日あ号作戦(マリアナ沖海戦)に参加
1944年09月06日船団護衛任務中、台湾高雄沖にて米戦の雷撃を受け損傷
1945年01月25日第二艦隊第二水雷戦隊第七駆逐隊へ編入
1945年03月29日天一号作戦へ参加するため移動する途上、触雷損傷。作戦参加不能
1945年07月10日戦列復帰。第一海上護衛艦隊所属艦となる
1945年08月15日最後の対空戦闘を実施
除籍1945年10月05日海軍解体に伴い第二復員省所属艦へ
1945年12月1日特別輸送艦へ分類変更
引渡1946年12月30日連合軍引き渡しのため特別保管艦へ分類変更
1947年07月05日ナホトカに入港。ソ連へ引き渡される
ソヴィエト海軍
1947年07月07日ウラジオストクへ入港。ソ連海軍太平洋艦隊第5艦隊へ編入
改名1947年07月22日“ヴェールヌイ(Верный)”と改名される
改名1948年07月05日練習艦へ種別変更。“デカブリスト(Декабрист)”と改名される
除籍1953年02月20日

台詞一覧 Edit


状況台詞関連する史実や元ネタ、解説など
自己紹介ひび…Верный(ヴェールヌイ)だ。信頼できる、という意味の名なんだ。1/29(水)メンテ前までは「Верный(ヴェールヌイ)だ。その活躍ぶりから、不死鳥の通り名もあるよ」
秘書クリック会話①司令官、大丈夫か?1/29(水)メンテ前までは「司令官、何だい?」
秘書クリック会話②司令官、作戦命令を
秘書クリック会話③до свидания(ダスビダーニャ)до свидания=さようなら
秘書放置時大丈夫だよ。私は一人でも1/29(水)メンテ前までは「…嫌いじゃない」
戦績表示時司令官に連絡みたいだよ
編成選択時了解、Верный(ヴェールヌイ)出撃する。1/29(水)メンテ前までは「了解、出撃する」といった感じで「響」を抜いただけだった
装備時①Хорошо(ハラショー)これは信頼出来る。Хорошо=よい,素晴らしい&br()1/29(水)メンテ前までは「Хорошо(ハラショー)…こいつは力を感じる」
装備時②良いな。Спасибо(スパスィーバ)Спасибо=ありがとう,感謝する&br()1/29(水)メンテ前までは「ほぅ、これはいいな…Спасибо(スパスィーバ)」
装備時③Ура!(ウラー!)Ура=万歳など ちなみに応援するときに使われるフレーフレーとは語源が同じとされている
(マップ選択・資材発見・修復剤使用・装備開発装備時③は共通)
ドック入りСпасибо(スパスィーバ)補給時と同じ。&br()改造前は「直してくるね」だった
ドック入り(重傷)不死鳥の秘密は、修理のタイミングにもあるんだよ修理中でレイテ沖海戦、菊水作戦など艦隊が壊滅的被害を被った海戦にことごとく出撃しなかったことか
建造新戦力が加わったみたいだね
艦隊帰投時艦隊が戻ってきたね、お疲れ
出撃時不死鳥の名は伊達じゃない。出るよ
戦闘開始時さて、やりますか
攻撃時無駄だね
夜戦開始時Ура!(ウラー!)Ура=万歳など
夜戦攻撃時Хорошо(ハラショー)
MVP時勝利か。いい響きだな。嫌いじゃない改造後の彼女が「響」という唯一の台詞となっている
被弾小破①うっ…
被弾小破②沈まんさ…
被弾カットイン流石にこれは…恥ずかしいな
撃沈時(反転)私の最後の名はВерный(ヴェールヌイ)だ…до свидания(ダスビダーニャ)Верный=信頼できる(改称された際につけられた名前)&br()до свидания=さよなら

&bold(){時報は1/29(水)から実装。}

時間台詞関連する史実や元ネタ、解説など
00:00полночь(ポルノーチ)…失礼、マルマルマルマルполночь=正子
01:00マルヒトマルマル。深夜だね
02:00マルフタマルマル。静かな海は、嫌いじゃない
03:00マルサンマルマル。眠かったらどうぞ、私の膝を貸そうか?ひゃっほーぅ!
04:00マルヨンマルマル。私は任務中に眠くならない
05:00マルゴーマルマル。空の色が変わる頃だ。綺麗だな
06:00マルロクマルマル。司令官、悪いがちょっと重い3時間膝枕していたのだろうか
07:00マルナナマルマル。朝だ。朝食をとろう
08:00マルハチマルマル。任務をはじめようか
09:00マルキューマルマル。艦隊に、遠征の指示を
10:00ヒトマルマルマル。司令官、残った艦は、私が引き受けよう
11:00ヒトヒトマルマル。皆を連れて、演習してこようか
12:00полдень(ポルデーニ)…失礼。ヒトフタマルマル。気を抜くと言葉が…気をつけるполдень=正午
13:00ヒトサンマルマル。今日のランチは…はいこれ、ピロシキだ
14:00ヒトヨンマルマル。午後の艦隊勤務をはじめよう。疲れてはいない?
15:00ヒトゴーマルマル。引き続き、訓練だ。疲労の溜まっている艦は休ませよう
16:00ヒトロクマルマル。全艦隊戻ったら、反省会だ
17:00ヒトナナマルマル。司令官、さあ、皆に一言を
18:00ヒトハチマルマル。何? 司令官。これから演習の予定だけど
19:00ヒトキューマルマル。訓練がきついって? それはすまなかった
20:00フタマルマルマル。司令官、カレー…は、ちょっとわからない
21:00フタヒトマルマル。今夜はボルシチでどう? 私のは美味い
22:00フタフタマルマル。ボルシチ、みんなもよろこんでくれた。うれしいな
23:00フタサンマルマル。司令官、今日も一日、おつかれさま
放置時大丈夫だよ。私は一人でも1/29(水)メンテ前は「…嫌いじゃない」

コメント Edit

最新の30コメントを表示しています。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

タグクラウド Edit

#tag_cloud(sort=num)


関連ページ Edit